2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > K〜O > KIX > KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤

KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤 KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤 KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤
KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤 KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤 KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤
拡大画像

KIX/BLOW MY FUSE キックス ブロウ・マイ・ヒューズ 88年作 必聴盤

製造元:WARNER
品番 25P2-2280
国内盤 全10曲

キックス 『ブロウ・マイ・ヒューズ』

キックスの88年作、通産4枚目となった彼等の大出世作です。

パワー・バラードの決定版とでも言うべき「Don't Close Your Eyes」の大ヒットにより、一気に知名度が上がったわけですが、バンドのイメージを固定化した嫌いも否定できません。

元々デビューは81年、東海岸出身でLAメタル・ブームとは無縁ながらも、早くからポップかつ幅広い音楽性を持っていたバンドでした。

看板ヴォーカリストのスティーヴ・ホワイトマンの金属的な声質と、コンパクトなリフが個性であったため、AC/DCとも比較され続けてきましたが、HR/HMの美味しいツボを良く知り尽くしたバンドであったと思います。

本作はヘア・メタル勢の一派として認知される事を助長しましたが、ヴィジュアルが武器であったとは思えません。

むしろハード・ロックの楽しさ、気持ち良さのみを純粋に追及したいた人達だと思います。

プロデューサーには、チープ・トリックやモトリー・クルーとの仕事で有名なトム・ワーマンを迎え、さすがに間違いの無いサウンド・プロダクションを誇っています。

ここがピークとなってしまいましたが、遅咲きの苦労人、という側面がどうしてもロック・マニアを振り向かせてしまうという好盤でもあると思えます。


1988年度リリース盤

盤面は、ほぼ新品同様の状態です。
ケース、ジャケットも、美品と思われます。
帯無し、解説、歌詞対訳付きです。

会員登録して頂くと、5,000円以上のお買上げで5%引き!! ←ここをクリック
商品コード : 11319
定価 : 2,500
価格 : 1,000円(税込)
ポイント : 10
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません