2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > AMERICAN > 90年代 > GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤

GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤
GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤 GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤
拡大画像

GREAT WHITE/LET IT ROCK グレイト・ホワイト レット・イット・ロック 96年作 国内盤

製造元:ビクター・エンタテインメント
品番 VICP-5680
国内盤 全12曲 (日本盤のみ収録ボーナス・トラック1曲含む)

グレイト・ホワイト 『レット・イット・ロック』

グレイト・ホワイトの通算8作目となったアルバムで、彼等がソフトなアダルト路線での定着を自ら拒んだかの様なハード・ロックの傑作として残した1枚です。

前作の「SAIL AWAY」は、このバンドの魅力の一つでもあったアコースティック・ナンバーを集めた企画盤的側面が強く、恐らく90年代を生き抜いていく方法論として選択したサウンドとなりました。

看板ヴォーカリストであったジャック・ラッセル当人が語っている通り、バンドはこのソフト路線を嫌い、元々持ちあわせているハード・ロック気質をここで爆発させています。

ブルージーなバンド・サウンド、渋みと枯れを漂わせるヴォーカルをあえて抑制し、初期のメタリックな質感さえ感じさせます。

そして「Easy」、「Where Is The Love」、「Miles Away」といったバラード・ナンバーの充実ぶりが、彼等をメロディアス・ハード・バンドとして捉える向きを生んでしまった程冴えまくっています。

当時のエアロスミスが1枚のアルバムにスロー・ナンバーを増やした傾向を、グレイト・ホワイトも踏襲したわけでもないのでしょうが、ジャック・ラッセルの声と巧みなメロディ・センスは、泣く事を許してくれる寛大なハード・ロック・バンドとして昇華させた気がします。

ツェッペリンのDNAを持ち合わすアメリカン・ハード、ブルージーなアダルト・ロック、といったイメージがどうしても強いバンドですが、基本がいいメロディとカッコいいロック・センスだけを追求していた古風なハード・ロッカーであったと強く思える1枚です。


1996年度リリース盤

盤面には、微弱なスレ、キズが多少見られますが、
再生には全く問題ありません。
ジャケットは、比較的美品と思われます。
帯有り、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 11898A
定価 : 2,500
価格 : 1,500円(税込)
ポイント : 15
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません