2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > AMERICAN > 80年代 > KEEL/LAY DOWN THE LAW キール 84年作 LAメタル デジパック

KEEL/LAY DOWN THE LAW キール 84年作 LAメタル デジパック KEEL/LAY DOWN THE LAW キール 84年作 LAメタル デジパック
KEEL/LAY DOWN THE LAW キール 84年作 LAメタル デジパック KEEL/LAY DOWN THE LAW キール 84年作 LAメタル デジパック
拡大画像

KEEL/LAY DOWN THE LAW キール 84年作 LAメタル デジパック

製造元:SHRAPNEL RECORDS
品番 SH-1014
USA盤 全9曲 デジパック仕様

キール 『レイ・ダウン・ザ・ロウ』

オリジナルは84年作、LAメタルの徒花的バンドとして知られるキールのデビュー・アルバムです。

STEELERでイングヴェイや、後にLIONに参加するマーク・エドワーズと共にシュラプネル・レコーズに1枚のアルバム残し伝説となったロン・キール率いる5人組です。

ロンのがさつとも言えるヴォーカルは、キンキンした質感とパーティ・ロック然とした歌い回しにより、このいかがわしいジャケットと共に80年代メタルの猥雑さを象徴していた気がします。

サウンドはこれまでのアメリカン・ハードの伝統に加え、NWOBHMからの影響をまぶしながら、あくまでもカラッと聴かせるキャッチーなバンド・サウンドは、これもまた以降のメタル勢のお手本にもなっていたと思います。

本作でに収録された「SPEED DEMON」、ストーンズのカヴァーである「LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER」は、次作の「The Right To Rock 誇り高き挑戦」でも再収録され、MTVを中心に大ブレイクしていきます。

バラード系のナンバーも、どこかで聴いた事があるようなメロディの様な気もするのですが、あえて薄っぺらい軽さみたいなものを臆面もなく晒していくロンのスタイルが、当時のメタル・シーンの空気であったのかもしれません。

言ってみれば、どんなにハイスピード・ナンバーをやってみても、どんなにヘヴィなリフを絡めてみても、どこかオトボケ感覚も漂う超B級的なセンスがこのバンドの個性だったのではないでしょうか。

セックス・ドラッグ・ロックンロールから、大きなビジネスへと転化していった80年代カルチャーの申し子としての役割をどこまで自覚的に演じていたのかはわかりませんが、確実に当時のノリを的確に体現していたアルバムには間違いないと思います。

 
2008年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが数本見られますが、再生には全く問題ありません。
デジパック本体は、かなり美品と思われます。
ブックレット、歌詞カード等、元々無い仕様と思われます。
商品コード : 11957A
価格 : 2,000円(税込)
ポイント : 20
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません