2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > ニュー・メタル > limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤

limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤 limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤 limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤
limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤 limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤 limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤
拡大画像

limpbizkit LIMP BIZKIT/GREATEST HITZ リンプ・ビズキット ベスト盤

製造元:FLIP/GEFFEN
品番 B0005631-02
全17曲 USA盤

リンプ・ビズキット 『グレイテスト・ヒッツ』

リンプ・ビズキットの初のベスト盤となった1枚で、シングル曲を中心に並べた王道の編集がされています。

バンド・ロゴはLIMP BIZKITではなく、03年作の「Results May Vary」から引き続きlimpbizkitが使用されています。

全17曲の内3曲が新曲として収録され、その内の1曲はMOTLEY CRUEの「HOME SWEET HOME」とTHE VERVEの「BITTERSWEET SYMPHONY」という英米の超有名曲のメドレーとなっています。

彼等の足跡を辿るには実に最適な1枚ではありますが、通して聴くと90年代後半から続く昨今のヘヴィ・ロックの現状を深く考えさせられる事になります。

1点はラップとメタルの融合の結果、一体何が生まれて何が残ったのか、という事だと思います。

これについてはヒップホップ世代と従来のメタル・ファンとの垣根が取り除かれた事が大きな功績であったのは間違い無いと思いますが、やがてメタルが形骸化していく兆候を彼等が生んだという点も見逃せないと思います。

もう1点、彼等の登場により、ロックが本来持っていた怒り、反抗といったアティテュードが、再び若者の手に移ったと同時に、何度と無く繰り返されてきたロックの商業化を目の当たりさせられる思いを本作に抱かずにはいられません。

聴く、聴かないは、もちろん受け手側の自由です。

「Take A Look Around」により肥大化した彼等のイメージを、どう捉えるかも自由だと思います。

ただメタルの未来をバンドに委ねるだけでなく、聴き手側にもある種の責任感が求められる時代になっている気がしてなりません。

個人的には彼等が象徴するヘヴィ・ロックの現代的なイメージは、ここからもう一歩突き抜けていく潜在的なパワーが内包されていると思っています。

それは本作を通して、十分に感じられます。


2005年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが数本未来が、再生には全く問題ありません。
ジャケット、ケースは、美品と思われます。

商品コード : 12180
価格 : 800円(税込)
ポイント : 8
数量    残りあと1個
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

かごに入れるすぐに購入

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません