2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > AMERICAN > 90年代 > BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤

BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤 BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤 BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤 BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤
BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤 BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤 BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤 BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤
拡大画像

BAD ENGLISH/BACKLASH バッド・イングリッシュ バックラッシュ 国内盤

製造元:EPIC/SONY
品番 ESCA 5382
国内盤 全10曲

バッド・イングリッシュ 『バックラッシュ』

91年作、前作から2年ぶりとなったバッド・イングリッシュのセカンド・アルバムであり、ラストとなった1枚です。

ジャーニーとベイビーズの合体、というだけではない特別な輝きを持ったこのバンドは、80年代プログレ・ハード、ポップ・メタルの旨みと、ジャーニーが築いてきた産業ロックと揶揄されるメロディアスな側面を、いわばプロの伝統芸としての凄みを持っていたと思います。

ポップ・メタルが衰退していた時期だけに、彼等のストレートなメロディ重視のサウンドは逆に新鮮に聴こえたのかもしれません。

ジャーニーよりもメタリックなエッジも持ち、ジョン・ウェイトのソフトな魅力がバラード・ナンバーを際立たせていますが、彼等の音には過去の栄光を引きずる事よりもエネルギッシュな若々しさもあったのが奇跡的だったと思います。

ご存知の様にニール・ショーンとディーン・カストロノヴォののハードラインへの参加、そしジャーニーが再始動した事により自然消滅してしまいましたが、メロディアス・ハード・ファンにとってた忘れ難いバンドであり、本作もまた必聴の名盤の一つだと思います。


1991年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが多少目立ちますが、再生には全く問題ありません。
ジャケットは、比較的美品と思われます。
帯無し、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 13546
定価 : 2,300
価格 : 800円(税込)
ポイント : 8
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません