2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > AMERICAN > ハード・ポップ > CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤

CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤
CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤
CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤 CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤
拡大画像

CHEAP TRICK/BANG ZOOM CRAZY...HELLO 2016年作 チープ・トリック 国内盤

製造元:ユニバーサル ミュージック
品番 POCS-24010
国内盤 全13曲 (日本盤のみ収録ボーナス・トラック2曲含む)
SHM-CD仕様

チープ・トリック  『バン・スーム・クレイジー・ハロー』

前作から7年ぶり、通算17作目となったチープ・トリックの最新スタジオ・アルバムです。

これまでで最も長いブランクとなりましたが、彼等は変わらず精力的なライヴを続け、その間にもロックの殿堂入り、そしてバン・E・カルロスとの間での訴訟問題まで伝えられてきました。

正式にリックの息子であるダックス・ニールセンがレコーディングに参加、バンはメンバー一員のままバンドの活動には参加しないという複雑な事情もある様ですが、そんな不安定さを全く感じさせないパワフルな快作となっています。

ドラムの軽さがやはり昔からのファンには気になるところでしょうが、ますます若返った感のあるサウンドにはむしろダックスの跳ねたプレイは適任とも思われます。

まず特徴的なのは、前作がビートルズ色をこれまでになく強く押し出した面が目立ち、スロー・ナンバーでの熟成ぶりに驚かされましたが、本作では従来のハード・ロックとパワー・ポップの中道を行く彼等らしさが爆発した疾走感満載のアルバムとなっている点です。

バラードと言えるナンバーはリード・トラックとなった「WHEN I WAKE UP TOMORROW」のみ。

かつての「TONIGHT IT'S YOU」や「SAY GODDBYE」といった佳曲を彷彿させながら、ロビンの歌い回し、ミステリアスなメロディ進行は先頃他界したデヴィッド・ボウイを意識しているのではと思え、年齢に合った彼等の新機軸ともなっています。

この曲をアルバム前半に挟みながら、良質のメロディとロックのツボを知り尽くしたセンスが惜しみなく披露され、まだまだ彼等がウキウキ、ワクワクのハード・ロック・メイカーとして現役である事を思い知らされます。

オープニングはグレッグ・ジェフリア率いるHOUSE OF LORDSへの提供曲として、90年にすでに発表されていた曲、「HEART ON THE LINE」。

キーボードをメインとしたメロディアス・ハード・バンドであったハウス・オブ・ローズにはあまり合っていない感もあったナンバーですが、さすがに本家がやるとらしさ満点の疾走チューンとなっています。

「THE IN CROWD」は唯一のカヴァー曲で、ブライアン・フェリーもソロで取り上げた事のある、R&Bシンガーのドビー・グレイの64年のヒット曲。

60年代のソウル系のカヴァーは意外な気もしますが、オリジナルもすでにパワー・ポップらしさを確立している名曲で、ここでもAC/DCと「SURRENDER」をマッシュアップした様な好アレンジとなり、全く違和感無く収まっています。

これぞチープ・トリック節と言える「BLOOD RED LIPS」(かなりスレイド風ですが)、「SING MY BLUES AWAY」(最もシングル向きと言えるミドル・ポップ・ナンバー)、「THE SUN NEVER SETS」(こちらもシングル向きのキャッチーさ爆発)も、近作中では出色の完成度を誇っていると思われます。

何度も繰り返して聴くと、練られたアレンジやメロディの器用さに気づかされ、デビューから40年が経とうとしている超ベテランとは思えない瑞々しさ、艶っぽさに本当に頭が下がります。

甘く、激しく、ラウドで優しい、言葉にするならメロディアス・ハード・ポップ、といったところでしょうか。


2016年度リリース盤 

盤面は、ほぼ新品同様の状態です。
ジャケット、プラ・ケースも、かなり美品と思われます。
帯有り、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 14081A
定価 : 2,808
価格 : 2,400円(税込)
ポイント : 24
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません