2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > 70's HARD ROCK > KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤

KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤 KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤 KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤 KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤
KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤 KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤 KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤 KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤
拡大画像

KING CRIMSON/LARKS' TONGUES IN ASPIC 太陽と戦慄 73年作 国内盤

製造元:ポニーキャニオン
品番 PCCY-00665
国内盤 全6曲 
THE DEFINITVE EDITION  89年度デジタル・リマスター盤

キング・クリムゾン/ラークス・タングス・イン・アスピック 邦題 『太陽と戦慄』

R.I.P. ミスター・ジョン・ウェットン。

オリジナルは73年作、ライヴ・アルバムである「アースバウンド」を挟み、通産5作目となったキング・クリムゾンのアルバムです。 

第5期と呼ばれるラインナップは、今考えると恐ろしく豪華な人選となりました。

クリムゾンの屋台骨を支えていたピート・シンフィールドの脱退によって、プログレの象徴であったバンドは一度崩壊、ここでは全く新しいバンドとして生まれ変わっています。

ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード、デヴィッド・クロス、ジェイミー・ミューアを迎えたロバート・フリップは、初期の耽美性よりもロック的ダイナミズムを強調したインプロヴィゼーションを選択します。

幅広い音楽性の中で、一瞬の隙も見せない強力なサウンドは、そうそうたるメンバーによ激しくも美しいバトルの中で、今もインパクト放っていると思います。


このアドリブ合戦とも言える壮絶なサウンドは、メタル・ファンをも魅了しているのも良く知られていて、プログレがメタルと密接な関係にある事を良く教えてくれる1枚でもあると思います。

1994年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。
ジャケットには、色褪せ、汚れが多少目立ちますが、
他に大きなダメージはありません。
帯無し、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 14341
定価 : 2,500
価格 : 1,000円(税込)
ポイント : 10
数量    残りあと1個
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

かごに入れるすぐに購入

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません