2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > AMERICAN > ハード・ポップ > PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤

PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤 PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤 PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤
PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤 PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤 PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤
拡大画像

PAT BENATAR/CRIMES OF PASSION 80年作 危険な恋人 リマスター盤

製造元:CAPITOL
品番 09463-48441-2-3
USA盤 全10曲 デジタル・リマスター盤

パット・べネター/クライムズ・オブ・パッション 邦題 『危険な恋人』

オリジナルは80年作、パット・べネターのセカンド・アルバムとなった1枚です。

この人をハード・ロック、メタルのくくりの中で語るのには、意見の分かれるところだとは思いますが、個人的には以降のシーンに欠かせない重要アーティストだと思います。

80年代を目前として、突如として現れたこの人の声とルックスは衝撃的でした。

当時の女性ソロ・ヴォーカリストで、ハード・ロック、ハード・ポップに真っ向から挑んでいたのは、この人位だったと思います。

それも汗臭いギンギンのハード・ロックではなく、クールでスマート、そして80年代に顕著になるニュー・ウェイヴ感覚も持ち合わせていました。

カーズやビリー・スクワイア、リック・スプリングフィールドの女性版といったところでしょうか。

「強気で愛して(Hit Me With Your Best Shot)」に至っては、80's初期のハード・ポップの大名曲として今だに魅力的だと思います。

汗の匂いが全くしない洗練度、ブルースからの影響ではなくアメリカン・プログレ・ハード以降のキャッチーさを主体としたコンセプトは、今にして思うと珍しくは思えない手法ではありますが、当時としてはかなり画期的だったに違いありません。


2006年度リリース盤

盤面は、ほぼ新品同様の状態です。
ケース、ジャケットも、かなり美品と思われます。
商品コード : 14405
価格 : 1,200円(税込)
ポイント : 12
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません