2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > AMERICAN > MARK FREE/LONG WAY FROM LOVE 93年作 マーク・フリー メロハー名盤

MARK FREE/LONG WAY FROM LOVE 93年作 マーク・フリー メロハー名盤 MARK FREE/LONG WAY FROM LOVE 93年作 マーク・フリー メロハー名盤
MARK FREE/LONG WAY FROM LOVE 93年作 マーク・フリー メロハー名盤 MARK FREE/LONG WAY FROM LOVE 93年作 マーク・フリー メロハー名盤
拡大画像

MARK FREE/LONG WAY FROM LOVE 93年作 マーク・フリー メロハー名盤

製造元:NOW AND THEN UK.
品番 NTHEN 2
EU盤 全11曲

マーク・フリー 『ロング・ウェイ・フロム・ラヴ』

UNRULY CHILDで美声を未だ保持し続けるマーシー・フリー、彼女がまだマーク・フリーであった時代にリリースした初ソロ作です。

トランスジェンダーである話題が上がりがちな人ですが、メロディアス・ハード・ファンの間ではそのキャリアは華麗としか言いようがない作品を残してきたヴォーカリストとして有名だと思われます。

80年代にはKING KOBRAで2枚のアルバムに参加し、脱退後は元ALCATRAZZのヤン・ウヴェナ等とSIGNALを結成、たった1枚のアルバムを残し解散すると、元STONE FULYのブルース・ゴウディのバンド、UNRULY CHILDに参加しています。


そのどれもがハード・ポップ、AOR、メロディアス・ハードの全てのジャンルで語られていい美メロ集となっており、不運な事に大きな成功をしているわけではありませんが、メロディ重視派のファンにとっては必聴とされるアルバムばかりの筈です。

歌が上手いのはもちろんなのですが、その声質はミッドレンジでのクリア・ヴォイス、どんなタイプのナンバーでも器用に歌いこなす職人型ヴォーカリストと言えると思います。

中性的魅力を持つ一方、時々かすれるハスキーな歌唱もセクシーで、個人的にはルー・グラムとスティーヴ・ペリーのちょうど間くらいに位置する人ではないかと考えます。

その分脱個性とも言えるのかもしれませんが、こうした中道を行くヴォーカリストがHR/HM界には意外に少なくなっているのも事実だと思います。

本作はUNRULY CHILD参加後、一時離脱していた時期にリリースされたもので、彼のプライベートな問題を一切感じさせない完成度を誇るメロディック・ロックの傑作となっています。

キャリア中最も80年代色が強いサウンドと思われ、KING KOBRA時代にこうしたキャッチ―さを前面に押し出していたなら、この人の名声ももう少し上がっていたのではとついつい考えてしまいます。

メタリックなエッジを控えめにした、いわばフォリナー的アプローチとなっていますが、バックのサウンドをヴォーカルを引き立たせる事に徹した結果とは思いますが、マイルドながらメロディアス・ハードとしての機能をしっかりと残しています。

そのフォリナーの現ヴォーカリスト、ケリー・ハンセンも同じくUNRULY CHILDに一時的に在籍しており、二人は良く似たタイプの声の持ち主ながら、マーク(マーシー)・フリーの方がより高音の伸びが優れているために高揚感のあるメロディがより際立っていると思われます。

美声と美メロの融合がいかに威力のあるものになるか、嫌と言う程思い知らされる1枚です。


1993年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。
ジャケットも、かなり美品と思われます。
歌詞掲載有りです。
 
商品コード : 14894A
価格 : 2,000円(税込)
ポイント : 20
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません