2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > EUROPIAN > CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤

CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤
CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤 CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤
拡大画像

CHEAP AND NASTY/COOL TALK INJECTION 94年作 国内盤

製造元:PONY CANYON
品番 PCCY-00546
国内盤 全16曲

チープ・アンド・ナスティ 『クール・トーク・インジェクション』

元ハノイ・ロックスのナスティ・スーサイドが率いたバンド、チープ・アンド・ナスティのセカンドにして最終作となったアルバムです。

日本のみでのリリースという事もあり、HANOI ROCKSの根強い人気がうかがい知れる枚でもあります。

サム・ヤッファと共にFALLEN ANGELSに参加、アンディ・マッコイと共にチェリー・ボムズ、スーサイド・ツインズ、更にはマイケル・モンローと合流しDemolition 23等、ハノイ・ファミリーの一大プロジェクトとも言える変遷を遂げてきたわけですが、唯一のリーダー・バンドと言えるこのチープ・アンド・ナスティは最もハノイ色の強いものだったかもしれません。

伝説的英国パンク・バンド、UKサブスのベーシスト、アルヴィン・ギブス等を含む4人組、スリージーで哀愁感のあるメロディを持ち味とし、ナスティの力みの無いワルっぽいヴォーカルがいかにもバッド・ボーイズといった妖しさを個性としています。


基本的にはハード・ロッカー、ラフでワイルドなプレイを得意とするギタリストだとは思いますが、ハノイ譲りと言えるのでしょうか、甘いポップ・センスも隠そうとしないところは好感が持てます。

アンディやマイケルが70年代のハード・ロックやパンクをベースにしているのに比べ、このバンドはパンク以降のNEW WAVEからの影響もあったのではと思えるユニークなナンバーが存在するのも注目すべきところです。

このバンドは僅か4年程で解散、ナスティは2010年にはマイケル・モンローのツアーに参加というニュースがあったものの、現在はシーンから退いているとの話もあるだけに、このバンドの再評価、静かな復活も期待したいのですが。


1994年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。
ジャケットも、美品と思われます。
帯有り、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 14907A
定価 : 2,500
価格 : 2,000円(税込)
ポイント : 20
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません