2018年 05月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > JAPANESE > VOW WOW > BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー

BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー
BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー
拡大画像

BOW WOW/組曲 X-BOMBER バウワウ 80年作 紙ジャケット Xボンバー

製造元:POLYSTAR/バウンディ
品番 XQJX-1003
国内盤 紙ジャケット仕様 全17曲 デジタル・リマスター盤

バウワウ 『組曲 Xボンバー』

オリジナルは81年作、BOW WOWが初めて手掛けたサントラとしてリリースされたアルバムです。

「Xボンバー」は海外でも放送されたTV番組で、詳しい事は知らないのですが、あの永井豪原作によるスーパーマリオラマ(特撮人形劇)。

ロボット戦隊ものといった内容なのでしょうが、この主題歌を手掛けたのがBOW WOWで、キャッチ―なハード・ロックを子供向け番組に流したという点では当時としては画期的と言えるのではないでしょうか。

イギリスでは「STAR FLEET」のタイトルで放映されていた様で、なんとQUEENのブライアン・メイが初のソロ・プロジェクトとして「STAR FLEET PROJECT 無敵艦隊スターフリート」なるミニ・アルバムをリリースしています。

どうやらブライアンの子供がこの番組のファンで、イギリス放映用の主題歌をオリジナルで制作、しかも同僚のロジャー・テイラー、更にエドワード・ヴァン・ヘイレン、REO SPEEDWAGONのメンバーが参加した事で話題になりましたが、QUEENのキャリア史上では幻のアルバム扱いになっているのが残念です。

本作ではBOW WOWの他に、一部Eプロジェクトなるチームが参加しています。

SFドラマ風のシンセを担当した4人の名が並んでいるのですが、その正体はプログレ、シンセ界で有名なBACH REVOLUTIONの田崎和隆、神尾明朗、現在でもヒーリング・ミュージックの第1人者として活躍する小久保隆、そしてマンドレイク、P-MODELのメンバーとして伝説的に語られる平沢進となります。

プログレ、スペーシーなサウンド担当はこのEプロジェクトが活躍、BOW WOWは結構ストレートかつドラマティックなハード・ロック・サウンドを展開してくれています。

いかにもBOW WOWといった感の強いヴォーカル・ナンバー2曲が前後を挟み、中盤は第1楽章から第4楽章までインスト・ナンバーが続くという不思議な構成ですが、大半の曲は山本恭司が担当、かなり弾きまくっているパートも多いのでファンなら必聴と言えるでしょう。

特に80年は「GLORIOUS ROAD」、「TELEPHONE」とポップ・バンドとしてのアルバムが続けてリリースされた時代で、本作は翌年の「HARD DOG」でのHR/HM回帰への狼煙ともなったと言える重要作としての位置付けもできるため、興味深く聴ける部分も多いでしょう。


2011年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが数本見られますが、再生には全く問題ありません。
紙ジャケット本体は、かなり美品と思われます。
帯有り、歌詞カード、ミニ・ポスター付きです。
商品コード : 15064A
定価 : 2,500
価格 : 3,000円(税込)
ポイント : 30
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません