2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > K〜O > KING CRIMSON > KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤

KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤 KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤 KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤
KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤 KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤 KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤
拡大画像

KING CRIMSON/DISCIPLINE 81年作 ディシプリン 国内リマスター盤

製造元:ポニーキャニオン
品番 PCCY-00668
国内盤 全7曲 
THE DEFINITIVE EDITION 89年度リマスター盤

キング・クリムゾン  『ディシプリン』

オリジナルは81年作、キング・クリムゾンの7年ぶりの復活作として話題になったアルバムです。

ロバート・フリップ大先生に加え、盟友ビル・ブルーフォード(ブラッフォード)、そしてエイドリアン・ブリューとトニー・レヴィンと、超技巧派を揃える体制がここから本格的になっていきます。

シンプルなジャケット、「訓練」、「規律」を意味するタイトルからは、アルバムの全体像がなかなか見えてこないのですが、今にして思えばNEW WAVEに真剣に取り組んでみましたというところでしょうか。

特にブリューの独特のギター、そして彼のデヴィッド・バーンそっくりの歌い回しから、TALKING HEADSを思い出さずにはいられません。

すでにヘッズがアフリカン・ミュージックをひとしきり弄った後に、クリムゾンが果たしてこうした方法論を必要としたのか疑問ですが、民族音楽的なアプローチよりせめぎ合うリズム隊の中でフレキシブルなギターが縫っていくスリリングなバンド・サウンドの構築を目指していたのは良くわかります。

「INDISCIPLINE (不規律)」と名付けられたナンバーでは、かつての緊張感溢れるサウンドを展開してくれていて、当時の体制による凄さを見せつけられる思いがします。

全体的にはメンバーの力量によりテンションを保っているものの、模索段階と思える単調さも拭えない部分も残ります。

リズミックなナンバーと、叙情性に溢れたナンバーの対比もぼやけてしまっている気もします。

以降続く「BEAT」、「THREE OF A PERFECT PAIR」でのいわゆる80年代クリムゾン時代は、3部作によるシーンへの挑戦だったと思いますが、なるほど3枚のアルバムを通して見えてくるのフリップなりのプログレのポップ展開だったのではと思います。

YESやASIA、あるいはGENESISといったいわば同志達があからさまなポップ・フィールドへのすり寄りを見せていた中、クリムゾンとしてはこうした「訓練」、「戒律」を必要としたのかもしれません。

「マッテクダサーイ」と日本語で歌われる「MATTE KUDASAI」では、その奇をてらう手法より浮世離れしたゆったり感を醸し出す事に成功していると思うのですが、この手法をもっと突き詰めて欲しかった気もします。


1994年度リリース盤

盤面は、比較的綺麗な状態です。
ジャケットにも、美品と思われます。
帯有り、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 15270A
定価 : 2,200
価格 : 1,300円(税込)
ポイント : 13
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません