2018年 06月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > BRITISH > 90年代 > JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤

JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤
JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤 JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤
JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤
拡大画像

JOHN SYKES/LOVELAND 97年作 ジョン・サイクス ラヴランド 国内盤

製造元:マーキュリー・ミュージックエンタテインメント/ポリグラム
品番 PHCR-1540
国内盤 全10曲 

ジョン・サイクス 『ラヴランド』

ジョン・サイクスのソフトな一面が余すところなく発揮されたバラード・アルバムで、ギタリストというよりはメロディ・メイカーとしてのセンスが前面に押し出されたものとなっています。

もちろん彼特有の泣きにギターも堪能できるのですが、弦楽器やピアノを多様したアレンジによりゴージャス感溢れるバラード集と言え、ヴォーカリストとしての魅力に改めて感動させられます。

まず注目されるべき点は、82年にソロ・デビュー・シングルとして発表された稀代の名曲、「プリーズ・ドント・リーヴ・ミー」が「DON'T HURT ME THIS WAY (Please Don't Leave Me '97)」として甦った事で、共作者でもあるフィル・ライノットのヴォーカルも生かされています。

歌詞のせつなさと亡きフィルとの再コラボの実現が、この忘れ難いメロディを更に涙モノとしています。

ジョン・レノンへの深い思いがストレートに表現された「DON'T SAY GOODBYE」は、歌詞にビートルズの誰もが知る曲のタイトルが出現するばかりでなく、メロディにもレノン、ビートルズへのオマージュが込められています。

ゲイリー・ムーア・フォロワーとして知られている人でもあると思いますが、むしろミュージシャンとしてはブリティッシュ・ポップの正統後継者であると言える程の優等生ぶりで、ここではブルースからの影響は皆無とも言えます。

ポール・マッカートニー、エルトン・ジョンも真っ青のメロディの素晴らしさは、もっと正当評価がされてもいいと思います。


1997年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。
ジャケットも、かなり美品と思われます。
帯有り、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 12514A
定価 : 2,548
価格 : 1,200円(税込)
ポイント : 12
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません