2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > EUROPIAN > KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品

KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品 KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品 KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品
KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品 KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品 KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品
拡大画像

KROKUS/HARDWARE クロークス 灼熱のハードウェア 81年作 新品

製造元:BMG ARIOLA
品番 253 322
EU盤 全9曲

クロークス/ハードウェア 旧邦題 『灼熱のハードウェア』

スイスが誇るベテラン・メタル・バンド、クロークスの通産5作目となった81年作のアルバムです。

現在も看板ヴォーカリストとして活躍するマーク・ストラーチェが加入しての2作目となり、バンド単独での初セルフ・プロデュースという事もあり、AC/DCの強い影響を受けていたスタイルから独自の個性を徐々に発揮しだしたサウンドが目立っています。

オープニング・ナンバーでは、ドラマティックなメロディを凝ったアレンジで展開し、すでに80年代的なアプローチに成功しています。

ボン・スコットがロバート・プラントの歌唱法を習得した様なマークのヴォーカルは、もっと評価がされてもいいと思いますが、彼の声を最大限に生かす曲作りに徹しているのが良くわかります。

ジューダス・プリースト、AC/DCをこよなく愛しているのが伝わってくる様なナンバーに、彼等特有のキャッチーなセンスが加わり、ツボを押さえまくったリフが繰り出されるのが心地いい1枚です。

メロディアス・ハードとしての魅力が開花する83年作の「Headhunter」を予感させる「Winning Man」や、後のLAメタルにも通じるキャッチーなメタル・ソング、「Rock City」等、80年代HR/HMが好きな方なら、必ずや満足できる内容だと思われます。


1992年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。
ジャケットも、美品と思われます。
商品コード : 11566
価格 : 1,500円(税込)
ポイント : 15
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません