2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > JAPANESE > その他 > 子供ばんど/WE LOVE 子供ばんど 80年作 デビュー・アルバム KODOMO BAND

子供ばんど/WE LOVE 子供ばんど 80年作 デビュー・アルバム KODOMO BAND 子供ばんど/WE LOVE 子供ばんど 80年作 デビュー・アルバム KODOMO BAND
子供ばんど/WE LOVE 子供ばんど 80年作 デビュー・アルバム KODOMO BAND 子供ばんど/WE LOVE 子供ばんど 80年作 デビュー・アルバム KODOMO BAND
拡大画像

子供ばんど/WE LOVE 子供ばんど 80年作 デビュー・アルバム KODOMO BAND

製造元:PONY CANYON
品番 PCCA-00139
国内盤 全10曲 ナイス・プライス・セレクション・シリーズ

子供バンド 『WE LOVE 子供ばんど』

オリジナルは80年作、記念すべき子供ばんどのデビュー・アルバムです。

うじきつよし率いる本格的ハード・ロック・バンドとして知られていますが、当時はユニークなバンド名、奇抜なファッション、キャラの立ったトータル・イメージが、正確に彼等の本来の魅力を伝えきる事を邪魔していた気もします。

LOUDNESSやEARTHSHAKERと共に、ジャパメタ・ブームの中で語られる事も多かったのですが、どうも中途半端な立ち位置が目立っていた気もします。

和製AC/DCと言われた音楽性は伊達ではなく、ギタリストとしても光っていたうじきつよしを中心に、バンド・サウンドの確かさは今聴いてももっと再評価がされてもいいと思います。

AC/DCよりは得意とするリズム・パターンが豊富だったと思いますが、彼等の幅広い音楽性とセンスが日本語詞にされた「サマータイム・ブルース」のカヴァーに集約されていると思います。

おとぼけセンスも絶妙で、ハード・ロック版サザンとでも言うべき、歌詞に対する自覚的な実験性が目立っています。

ロックの楽しさ、心地良さの追求をここまで明快に追求、そしてハード・ロックのダイナミズムをもって具現化していたバンドは、当時の日本ではそういなかったと思います。

他のジャパメタ勢がナルシスティックな方向へとどうしても流されていく中、子供ばんどの突き抜けたパーティー・ロックぶりは今考えても見事だったと思います。

道化役を演じながら、しっかりとした音楽性を基盤にし、しかも日本人としてのハード・ロックを鳴らしていた事を思うと、頭が下がる一方です。


1990年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。。
ジャケットも、比較的美品と思われます。
帯無し、歌詞カード付きです。
商品コード : 11759
定価 : 1,500
価格 : 2,000円(税込)
ポイント : 20
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません