2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > すべての商品 > KORN/THE PATH OF TOTALITY コーン ザ・パス・オブ・トータリティ 2011年作

KORN/THE PATH OF TOTALITY コーン ザ・パス・オブ・トータリティ 2011年作 KORN/THE PATH OF TOTALITY コーン ザ・パス・オブ・トータリティ 2011年作
KORN/THE PATH OF TOTALITY コーン ザ・パス・オブ・トータリティ 2011年作 KORN/THE PATH OF TOTALITY コーン ザ・パス・オブ・トータリティ 2011年作
拡大画像

KORN/THE PATH OF TOTALITY コーン ザ・パス・オブ・トータリティ 2011年作

製造元:ROADRUNNER RECORDS
品番 RR7728-2
EU盤 全11曲

コーン 『ザ・パス・オブ・トータリティ』

KORNの通算10作目となったアルバムで、全曲がDJによるリミックスとなったある種企画要素の強い1枚です。

SKRILLEXを始め、FEAT.という文字の後にDJの名が並ぶという、今時の音楽シーンを象徴した様な内容となっています。

元々EP用のリミックスを試みていたらしいのですが、余程デジタル・ミュージック化が気に入ったのか、ジョナサン・デイヴィスが初のエグゼクティブ・プロデューサーを担当、オリジナル・アルバムとしてまとめ上げています。

前作での原点回帰から一点、当代最先端のエレクトロニカを導入、かつての彼等のヒップホップ的アプローチが英国クラブ・シーンへとシフトしたのがかなり意外です。

ブレイクビーツ、ドラムンベースが、いつの間にかダブステップと呼ばれ、個人的には恐ろしく速いこの手のシーンの流れについていけないのですが、昨今完全なジャンルとして確立されたEDMで耳が慣れたせいか、本作では聴き馴染みのあるビート、質感を容易に見つける事ができました。

けっしてKORNがEDMとなったわけではなく、ヘヴィ・ロックとしてのダイナミズム、そして彼等特有の冷めた狂気、あるいはダークサイドのドラマとでも言うべき高揚感が維持され、歌メロのキャッチーさもこれまでになく目立っている気もします。

お遊び的な試みが強いとも思えますが、こうした積極的な主流への接近が素直にできるKORNの資質にまず感心させられます。

メタルの拡大生産の方法論の提示とまではいかないのでしょうが、単純にカッコいいのだから仕方ありません。


2011年度リリース盤

盤面は、ほぼ新品同様の状態です。
ジャケット、ケースも、かなり美品と思われます。
商品コード : 12844
価格 : 1,200円(税込)
ポイント : 12
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません