2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > EUROPIAN > CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作

CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作 CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作 CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作
CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作 CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作 CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作
拡大画像

CHILDREN OF BODOM/SOMETHING WILD 97年作 デビュー作

製造元:トイズファクトリー
品番 TFCK-87155
国内盤 全9曲 (ボーナス・トラック2曲含む)

チルドレン・オブ・ボドム 『サムシング・ワイルド』

北欧メロデスの決定版的インパクトを放ちながら、新鮮な驚きと共に突如としてフィンランドから現れたチルドレン・オブ・ボドムのデビュー・アルバムです。

忌まわしいバンド名と、歌詞の世界観、煮え切らないデスヴォイス、そして当時18歳という若さであったアレキシ・ライホを始めとするメンバーのヴィジュアルから、ブラックメタル寄りとも評されていましたが、その華麗なキーボードの派手さと顕著なネオクラ色はかなり衝撃度があったと思います。

流麗なギターよりも目立つとも思われるキーボードの暴れ具合は、以降のメロデスの新たな可能性そ提示したとも言え、SEのドラマチックな使用も手伝い、形骸化していたネオクラ、メロデスを鮮やかに塗り替えた感があります。

クラシカルな要素がまだ強い時期でしたが、王道メタルからの影響を感じさせるリフも多く、ハッとさせられるメロディの組み立て方も見事です。

その集大成として本作のハイライトとなる「Lake Bodom」のめくるめくドラマティックな展開が、何度聴いても感動を呼ぶと思われます。

カラフルな構成の「Touch Like Angel Of Death」の終盤、2分近くの静寂を挟み、いきなり飛び込んでくるヤンネ・ウィルマンのプログレ的なキーボード・ソロも、このバンドの只者ならぬセンスを感じさせます。


1998年度リリース盤

盤面は、比較的綺麗な状態です。
ジャケットには、ケースのツメ痕が強く付いています。
国内盤ですが、帯、解説書(歌詞カード)が欠損しています。ご了承下さい。
商品コード : 12903
定価 : 2,345
価格 : 1,000円(税込)
ポイント : 10
数量    残りあと1個
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

かごに入れるすぐに購入

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません