2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > BRITISH > 80年代 > MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド

MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド
MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド
MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド
拡大画像

MOTORHEAD/ORGASMATRON + ROCK 'N' ROLL 国内盤 2in1 モーターヘッド

製造元:TEICHIKU
品番 TECP-25644
国内盤 全18曲

モーターヘッド 『オーガズマトロン + ロックン・ロール』

残念ながらレミーが逝ってしまった事で解散を余儀なくされたモーターヘッド、その40年にも及ぶ長い歴史はレミーの生き様そのものであったのは、多くのファンがずっと感じていた事だと思います。

バンドとしては常に安定していたわけではなく、後期の安定期に至るまでは数度のメンバー入れ替えがありました。

本作は80年代後期のアルバム2枚をカップリングした2in1 CDとなり、後期のキャリアに繋がっていく過渡期とも言える時代をまとめて聴けるありがたいものとなっています。

86年作の「オーガズマトロン」は通算7作目となったアルバムで、全キャリアを通しても異色作と言える作品として有名な1枚となりました。

レミーを軸としたトリオ編成から、初の4人編成による新体制での第1弾アルバムとなり、相当な気合いの元制作された事が伺える内容となっています。

 前作1枚のみで離脱したブライアン・ロバートソンの代わりに、フィル・キャンベル、ワーゼルというコンビがギタリストとして採用され、ドラムには元SAXONのピート・ギルが参加しています。

この4人による新たなバンド・サウンドが一体どのようなものになるのか期待されましたが、プロデュースにビル・ラズウェルが迎えられた事で当時多くのファンが驚かされたと思います。

ハービー・ハンコックを始め、P.I.L.、坂本龍一等のプロデュースで、尖った音を作り続けてきたこの人の手腕により、かなり金属的かつクールなサウンド・プロダクションが前面に押し出され、オールド・ファンからはソッポを向かれがちなアルバムですが、今改めて聴くとかなりカッコ良い事に気づかされます。

モーターヘッドがここまでメタリックは質感を持ったのは本作が初めてであり、パンキッシュな荒さもここでは一切排除され、ストイックでストレートなメタル色が目立ちます。

シングルとなったオープニング・ナンバー、「DEAF FOREVER」では、まさにMOTORHEADのインダストリアル版とでも言えそうな音処理が斬新で、当時まだナイン・インチ・ネイルズ等の登場前であった事を考えると、実に画期的であったと思います。

87年作の「ROCK 'N' ROLL」は、通産8作目となったアルバムです。

「ロックン・ロール」と改めて彼等に言われると、このバンドがパンク、メタル・シーンの中で常に特殊な位置にいた事を思い知らさる気がします。

一時的に脱退していたオリジナル・ドラマー、フィル・アニマル・テイラーが4年ぶりに復帰した事により、レミー、ワーゼル、フィリップ・キャンベルとの4人体制となっています。

全体的にNWOBHMが持っていたキャッチーさが目立ち、疾走する爆音の中でも歌メロが印象的なナンバーが多いように思われます。

前作は一時的な迷いだったかの様に、オープニングのアルバム・タイトル・ナンバーからすっ飛ばしてくれます。

シンプルでスッキリとまとまったリフが多いせいか、ロックンロールというよりは、ハード・ロック色の強いモータヘッド作品と言えるかもしれません。

あのモンティ・パイソンのマイケル・ぺリンがナレーション参加しているのも見逃せません。


1991年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが数本見られますが、再生には全く問題ありません。
ジャケットは、美品と思われます。
帯無し、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 13564A
定価 : 2,500
価格 : 2,220円(税込)
ポイント : 22
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません