2019年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > AMERICAN > スラッシュ > SLAYER/SOUTH OF HEAVEN スレイヤー サウス・オブ・ヘヴン 88年作

SLAYER/SOUTH OF HEAVEN スレイヤー サウス・オブ・ヘヴン 88年作 SLAYER/SOUTH OF HEAVEN スレイヤー サウス・オブ・ヘヴン 88年作
SLAYER/SOUTH OF HEAVEN スレイヤー サウス・オブ・ヘヴン 88年作 SLAYER/SOUTH OF HEAVEN スレイヤー サウス・オブ・ヘヴン 88年作
拡大画像

SLAYER/SOUTH OF HEAVEN スレイヤー サウス・オブ・ヘヴン 88年作

製造元:DEF JAM RECORDINGS
品番 9 24203-2
USA盤 全10曲

スレイヤー 『サウス・オブ・ヘヴン』

88年作、スレイヤーの4作目となったアルバムで、以降のバンドの幅を大きく広げる事に成功した実験作と見なせる1枚です。

ライヴの定番曲となったアルバム・タイトル曲は本作の最もドラスティックな変化を象徴するオープニングとなりました。

メロディアスなギターと、スピードを排除した安定感のあるリフは、当時全く別バンドとして聴かれる事になり、賛否両論を巻き起こす事になります。

前作の「REIGN IN BLOOD」、あるいはかつての「CHEMICAL WARFARE」で世界最速の名を欲しいままにした彼等は、極限にまで突き詰められたスラッシュ、そしてメタルの形骸化を避けたと思われ、意識的にスロー・ダウン、そして歌詞を聴かせる事に徹しています。

結果的にはより速さを求めるファンからは否定的にとられてしまうわけですが、スレイヤーの邪悪さ、コアなメタル・スピリットはより強固なものとなったと思います。

ミドル・テンポに伴い、トム・アラヤのヴォーカルもストレートな歌唱が目立つ様になり、ややもすれば一本調子になりがちな曲のスタイルに幅を持たせる事に成功していると思います。

やはりプロデューサーのリック・ルービンの貢献度は見逃せず、本作でのクリアで洗練されたサウンド・プロダクションの中でリフをどれだけストロングに生かすか、そして減速したBPMの中でどれだけドラムの疾走感を生かすかという点は、以降のメタル作品のお手本にもなったのではないでしょうか。

後のAC/DC、メタリカ、更にレッド・ホット・チリ・ペッパーズに至るまで、多くのルービン作品にさえ影響を与えていると思います。

更にアルバムの構成も実に良く練られていると考えられ、この点があまり語られてこなかったのが不思議な気さえします。

衝撃的なオープニングから徹底的なリフの応酬がイーヴルなサウンドを演出、後半では意外とも思えたジューダス・プリーストの70年代の曲のカヴァー、「異端からの反撃 Dissident Aggressor」も違和感無く収まり、ラストはやはりメロディを強調した「SPILL THE BLOOD」で締めくくるという、ある意味様式美さえ感じる完成度だと思われます。


1988年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが多少見られますが、再生には全く問題ありません。
ジャケット、ケースは、かなり美品と思われます。
歌詞掲載有りです。
商品コード : 13852
価格 : 1,200円(税込)
ポイント : 12
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません