2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > 90's HEAVY METAL > ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ

ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ
ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ
拡大画像

ELECTRIC BOYS/FUNK-O-METAL CARPET RIDE 90年作 エレクトリック・ボーイズ

製造元:ATCO
品番 7 91337-2
USA盤 全10曲 

エレクトリック・ボーイズ 『ファンク・オー・メタル・カーペット・ライド』

スウェーデンからワールド・ワイド・デビュー、シングル・カットされた「ALL LIPS N' HIPS」がアメリカでもスマッシュ・ヒットを記録し、90年代の新しいHR/HMの流れに乗ったエレクトリック・ボーイズのファースト・アルバムです。

ヴォーカル、ギターを務めるコニー・ブルーム、ベースのアンディ・クリステルが後期HANOI ROCKSに参加した事で再注目されましたが、現在この二人はバンドを再結成、今も活動を続けている様です。

アルバム・タイトル、ジャケ写の雰囲気からも漂うサイケ色、そして自ら公言していたファンクとメタルの融合というキーワード、確かにサウンドには如実に反映がされています。

ただアレンジのスパイスとして効果的に使用された感もあり、基本的には80年代メタルの申し子的な洗練されたメロディ・センスの方が目立っている感もあります。

デビュー作からいきなりボブ・ロックをプロデューサーに起用、レコード会社も相当力を入れていたと想像できますが、さすがに強力なサウンド・プロダクションは本作を非凡なものとしている気がします。

ファンク・メタルと言うよりはエアロスミスやエクストリームを思わせるしなやかさを持つバンドだと思いますが、ヴォーカルはLAメタル隆盛期に活躍していた様なスタイルを持つため、それなりに個性を感じさせます。

曲によってはビートルズ、あるいはチープ・トリック等も思わせるコーラス処理が見られ、なかなか楽しませてくれます。

ファンキーである事の重要性より、曲作りの巧さの方が目立っていると思われ、彼等の提唱するファンク・メタルそのものがあやふやになっている気もしますが、何よりこうしたバンドが出現してくるスウェーデンの音楽性の奥の深さに感心させられます。


1990年度リリース盤

盤面は、ほぼ新品同様の状態です。
ケース、ジャケットも、美品と思われます。
(背表紙に一部色褪せが見られます)
 
商品コード : 13964
価格 : 1,500円(税込)
ポイント : 15
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません