2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > CANADIAN > TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤

TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤 TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤 TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤
TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤 TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤 TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤
拡大画像

TRIUMPH/EDGE OF EXCESS トライアンフ エッジ・オブ・エクセス 92年作 国内盤

製造元:ビクター
品番 VICP-5243
国内盤 全10曲

トライアンフ 『エッジ・オブ・エクセス』

93年作、カナダの名門メロディアス・ハード・バンド、トライアンフの現在の所、最終作となっているアルバムです。

バンドは87年作の「Surveilance」をリリース後は解散状態、そして約6年ぶりに発表されたのが本作です。

この時点では看板ギタリストであるリック・エメットは不参加で、凄腕の新人、フィル・Xなる新メンバーが加わっています。

尚、このフィル・X、当時はアルド・ノヴァの元での活動が知られていましたが、今は泣く子も黙るBON JOVIのギタリストとして名を上げているのは良く知られていると思います。

リック・エメットの繊細かつ華麗なギターと、キャッチーなメロディが魅力であった彼等ですが、ここではかなりメタリックなサウンドが目立ちます。

さすがにメロディ作りはこなれていて、メタル寄りのメロディアス・ハードの名盤として、完成度はかなり高いと思います。

最近オリジナル・メンバーでの復活もあった様ですが、新作も待ち遠しいのですが、本作もなかなか捨て難い隠れ名盤だと思えます。

 
1993年度リリース盤


盤面には、微弱なスレが多少見られますが、再生には全く問題ありません。
ケース、ジャケットは、比較的美品と思われます。
帯無し、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 14431A
定価 : 2,500
価格 : 1,600円(税込)
ポイント : 16
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません