2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > すべての商品 > THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作

THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作 THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作 THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作
THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作 THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作 THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作
拡大画像

THE EDGAR WINTER GROUP/SHOCK TREATMENT 恐怖のショック療法 74年作

製造元:EPIC
品番 EK 32461
USA盤 全11曲

エドガー・ウインター・グループ 
邦題 『ショック・トリートメント 恐怖のショック療法』

オリジナルは74年作、アメリカン・ハード史の中でもユニークな1枚として今も愛されるアルバムです。

すでにギタリストとして名声を得ていたエドガー・ウインターが結成したバンドの2作目で、ロニー・モントローズに代わり、プロデューサーを兼任したリック・デリンジャー、後にソロ活動、そして作曲家として奇才を発揮したダン・ハートマン、そして最近急逝したエドガーの盟友、チャック・ラフの4人構成。

そのアイドル然とした全員のルックス、いかにも70年代と言えるグラマラスな衣装から、グラム・ロックとしても認知された大名盤です。

ハード・ロックからポップ・ナンバー、せつないバラードまで、ダン・ハートマンの職人的メロディ作りが冴えています。

思いの外キラキラしたポップなサウンドがウキウキさせてくれる、かなりオススメの1枚です。

日本でも相当力を入れて紹介された様で、邦題のどぎつい感じも素敵なのですが、各ナンバーにもときめく邦題が冠せられています。

「俺たちは野獣だ! SOME KINDA ANIMAL」、「暴虐とロマンの野獣たち ANIMAL」等は、聴く前からワクワクさせる名タイトルだと思われます。

2曲目のダン・ハートマン作の「EASY STREET」は、デイヴ・リー・ロスが初ソロ作となったミニ・アルバム、「CRAZY FROM THE HEAT」で取り上げていますが、まるでデイヴの事をすでに想定している様な完成度を誇っています。

おそらく全曲がシングル・カット可能であったろう充実度、テクニシャン揃いによる極めてキャッチーな70年代ロックに徹した愛すべき1枚です。


1990年度リリース盤

盤面は、かなり綺麗な状態です。
ジャケット(二つ折りタイプ)も、かなり美品と思われます。
商品コード : 10176A
価格 : 1,500円(税込)
ポイント : 15
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません