2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > 70's HARD ROCK > FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤

FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤 FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤 FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤
FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤 FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤 FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤
拡大画像

FOGHAT/FOOL FOR THE CITY +1 フォガット 75年作 国内紙ジャケット盤

製造元:ビクターエンタテインメント
品番 VICP-63895
国内盤 全8曲 (ボーナス・トラック1曲含む)
紙ジャケット仕様  K2HDマスタリング

フォガット 『フール・フォー・ザ・シティ +1』

オリジナルは75年作、フォガットの通算5作目にして彼等最大のヒット作となった1枚です。

ステイタス・クォーと並び、英国の2大ハード・ブギ・バンドとして知られていますが、フォガットはアメリカで絶大な人気を誇る事からもカラッとしたハード・ロック感覚が個性となっていて、本作ではその醍醐味を余すところ無く発揮しています。

ウィリー・ディクスン作、プレスリーやイアン・ギランやロジャー・グローヴァーが在籍していたエピソード・シックスがカヴァーした事でも有名なブルース・クラシックの「MY BABE」、デルタ・ブルースの父、ロバート・ジョンソンの「TERRAPLANE BLUES」のカヴァーも、湿り気を感じさせずにカラッとしたハード・ロックにしてしまうセンスこそがアメリカで受けたのだと思います。

シングル・ヒットした「SLOW RIDE」や、アルバム・タイトル曲等は、アメリカン・ハードとも言えそうな陽気さが心地良く、ツイン・リードの豪快さに思わず体が反応してしまいます。

ラスト・ナンバーの「TAKE IT OR LEAVE IT」では、洗練されたメロウなセンスも披露、これも初期ドゥービー・ブラザーズやサザン・ロック系のバンドが演っていてもおかしくないものとなっています。

ジャケットのすっとぼけた雰囲気はいかにも英国的ですが、70年代アメリカン・ハードとしても聴けてしまう実に爽快な1枚です。


2007年度リリース盤

盤面は、ほぼ新品同様の状態です。
紙ジャケット本体も、かなり美品と思われます。
帯有り、解説、歌詞対訳付きです。
商品コード : 14754A
定価 : 2,520
価格 : 2,500円(税込)
ポイント : 25
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません