2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日

お問い合わせ

    
 

トップ > P〜T > RIOT/NARITA ライオット ナリタ 79年作 国内盤 ROAD RACIN' マーク・リアリ

RIOT/NARITA ライオット ナリタ 79年作 国内盤 ROAD RACIN' マーク・リアリ RIOT/NARITA ライオット ナリタ 79年作 国内盤 ROAD RACIN' マーク・リアリ
RIOT/NARITA ライオット ナリタ 79年作 国内盤 ROAD RACIN' マーク・リアリ RIOT/NARITA ライオット ナリタ 79年作 国内盤 ROAD RACIN' マーク・リアリ
拡大画像

RIOT/NARITA ライオット ナリタ 79年作 国内盤 ROAD RACIN' マーク・リアリ

製造元:CBS/SONY
品番 CSCS 5023
国内盤 全10曲

ライオット 『ナリタ』

オリジナルは79年作、ライオットのセカンド・アルバムとなった1枚です。

前作では核戦争後と思われる荒廃した地に斧を持って現れたジョニーことアザラシ男が、本作ではなんと真っ赤な力士となって登場しています。

富士山と思われる山も見えますが、感じの成田が示す通り成田闘争にインスパイアされたというインスト・ナンバーは、まさに「Warrior」第2弾と言える疾走系哀愁ツイン・リードが炸裂しています。

この時代、メイデンはおろかジューダスもこの手のナンバーをやっていなかっただけに、ライオット、とりわけ故、マーク・リアリの凄さを改めて思い知らされます。

成田に関するナンバーはこの超名インストのみとなりますが、前作から踏襲された徹底したブリティッシュ・ハードへのこだわりはますます冴え渡っています。

オープニングの「Waiting For The Taking」だけは、アメリカン・ハードらしい陽性の高揚感を持っていますが、全体的には後にイギリスでSAXONが展開していく様な硬派なリフを主体とするナンバーが目立ちます。

唯一のカヴァー曲となった「Born To Be Wild」は、元祖メタルと言える超定番曲ですが、スピード・アップされたアレンジにより見事ライオット節で甦っています。

アルバム後半まで曲の充実度は持続し、「Hot For Love」の哀愁、エロエロ路線、そして強烈なマークのソロ、「White Rock」でのキャッチー展開、そしてラスト・ナンバーの名曲、「Road Racin'」で一気にラスト・スパート、聴き手の緊張感も解き放ってくれます。

彼等は本作と共に、あの伝説的一大フェス、モンスターズ・オブ・ロックの第1回目に参戦、渡英します。

アナログ盤でリリースされた当時のライヴ盤でも、「Road Racin'」はB面ラストに収録され、一際スピード感とメロディの強さをアピールしていました。

当時のアメリカは、KISSやAEROSMITHがシーンを牽引し、CHEAP TRICKやVAN HALENといった次世代バンドが登場していたわけですが、RIOTだけが本当に異色中の異色として映るのは、泣きながら駆け抜けていく様な哀愁節とマークのギター、そして初代ヴォーカリストのガイ・スペランザのザラザラしたタッチがあったからかもしれません。

改めて聴き直すと、前作、そして本作こそがイギリスに飛び火し、N.W.O.B.H.M.の流れを作ったと言っても過言ではない、とそう思えてしまいます。


1989年度リリース盤

盤面には、微弱なキズが多少目立ちますが、
再生には全く問題ありません。
ジャケット(二つ折タイプは、比較的美品と思われます。
帯無し、解説、歌詞対訳付きです。
 
商品コード : 15008A
定価 : 2,300
価格 : 1,500円(税込)
ポイント : 15
数量    売り切れ
 

会員登録で送料無料!5,000円以上のお買上げで5%引き! ←ここをクリック

品切れ SOLD OUT

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません